子供との親子バス遠足で感じた貧富の差…

ブログへお越しいただきありがとうございます。
「借金返済をブログで主婦が晒す日記」を書いている、草村朱音(くさむらあかね)です。

私が返済を進めるにあたりオススメの方法

①自分の借金はどのくらい減るの?
私はこれをやってみたら多く払っていた利息が減りました!
借金減額シミュレーター


② もう毎月の返済は無理だよ。。。
私が最終的にお願いした会社さんです
プロにお任せした債務整理


③ちょっとした豆知識
色々考えた時に出会ったサイトです!
生活保護の取得方法


3つはとても参考になりました。


気軽に相談しても嫌な顔をせずに対応頂けました。
相談は無料ですし、
まずは現状を整理することから始めてみてみましょう。

親子バス遠足

こんにちは!草村朱音です。

先日、子供と一緒に保育園の親子遠足に参加してきました!とっても楽しく過ごすことはできましたが…やっぱり同じ世代の子供を持つ親と比べると、貧富の差を感じてしまいました。

借金の減額診断

月々の支払いがいくら減るのか無料で診断
たった4つの質問で解決!

1.過払い金無料診断可能!
2.家族に内緒で相談可能!
3.司法書士事務所が行い安心診断

法律のプロフェッショナルたちと専門チーム結成

1.金融業者からの督促が止まる
2.借金が減って返済が楽になる
3.今後の利息を無くす事ができる
4.借金の支払いが一本化される

債務整理に関する相談は完全無料

借金問題に強い司法書士が解決に導く

1.借金返済の目処が立たない
2.家族や職場に内緒で解決したい
3.債務整理したくても先立つ費用がない
4.消費者金融や銀行の取り立てに困っている
5.何年も返済しているが、一向に元金が減らない

借金問題解決できます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

遠足で朝の集合時間に感じる貧富の差

ということで、遠足で感じてしまった貧富の差について、

だらだらと愚痴って行きたいと思いますw

 

まずは、遠足の集合場所で感じた貧富の差。

 

やっぱり子供を持つ親っていうのは…

 

「普通車」にのっている場合が多いです。

 

 

もちろん、軽自動車を乗っているかたもたくさんいますが、

だいたい

 

「奥さんが軽自動車」

「旦那さんがファミリーカー」

 

みたいな場合が多いような感じがします。

 

そして、大きな車の後部座席で、

キャッキャキャッキャと楽しそうな子供達…

 

いいなぁ…ローンで買ったのかなー現金かなー…どっちにしてもうらやましい…

 

 

我が家は夫婦で任意整理をしているので、

信用情報がブラック=ローンが組めない身。

 

しかもわたしが乗っている車は10年選手の軽自動車で、

しょっちゅう変な音がしたりオイルがありえないスピードでなくなります。

 

なので、もはや廃車寸前^^;

 

 

しかし、夢のファミリーカー(というか普通車でもいいけど)を買うには、

一括で買えるくらいお金を貯めるか、

中古車でローンを組む方法を試してみるしかないですね…。

 

遠足でなくても、毎日朝夕の保育園のお迎えで、子供が

おっきい車がいい~!!
娘

 

と駄々をこねるのは、正直胸が痛いです…。

 

しかし、この日はバスで移動!!

みんな条件は一緒!!

…ではなかったです…。

保育園の親子遠足…バスの移動中に感じた貧富の差

次に、バスの移動中に感じた貧富の差です。

 

まずは…子供の水筒。

 

前の方の席に座っていた子供さんの水筒に

アナと雪の女王の「エルサ」がついていて、

ほかのお母さんがそれを見て

 

「かわいい~!高いんじゃないの~??」

 

と言っていたのですが、

 

「ううん!2000円ちょっとくらいで安かったよ~」

 

というやりとりをしていました。

 

2000円が安いのか…そうなのか…そうだよな…。

 

 

我が家の娘の水筒は、西松屋で1000円くらいだったのですが、

それでも気合を入れないといけないな…と思う額です。

 

子供本人は、好きなキャラクターが付いていて

喜んでくれていたのでよしとしますが^^;

 

 

さらに貧富の差を感じて気になったのは、スマホカバー。

 

わたしはもはやなんのケースもつけずに持っているのですが、

今ってほとんどの人がスマホカバーを使ってるんですよね。


スマホケース 手帳型 全機種対応 本革 栃木レザー ヌメ革 アニリン仕上げ(楽天)
いや、たしかに1000円あれば安いのが買えるのですが、

問題は

「あってもなくても困らないものにお金を使うかどうか」

なんですよね。

だって、正直カバーがなくても電話もメールも使えます。

 

「かっこよくなる」

「傷がつきにくくなる」

「みんなもってる」

 

っていうのはわかるし、わたしも欲しいんですが…

やっぱり、「今買わなくても…」と思って躊躇してしまいます。

 

子供といった親子バス遠足のお弁当で感じた貧富の差

最後に、お弁当の時に感じた貧富の差。

 

バスの移動中に「水筒での貧富の差」を感じたわたしは、

お弁当のときもやっぱりほかの子の水筒に目が行ってしまったのですが…

とりあえず、気にしてもしょうがないので忘れることにしましたw

 

しかし、新たな貧富の差を発見してしまいました(;_;)

 

 

お弁当自体は、なれないながらも子供がかわいそうな思いをしないよう、

「キャラ弁」にチャレンジして、子供にも子供の友達にも好評だったのですが…

 

貧富の差を感じたのは、

「デザートの果物」です。

 

入れ物いっぱいのいちごやメロン、オレンジ、キウイ…特に、苺やメロンは今の時期そんなに安くないですよね??

 

 

我が家はかろうじて実家からもらったオレンジを持って行きましたが、

やっぱり「フルーツの量」はほかの家に比べて少なかったです。

そんなに買ったらお弁当の材料より高くつくじゃないですか…(;_;)

 

娘はお菓子に気を取られてあまり食べなかったのでよかったですが、

お弁当の「果物」はかなり貧富の差を感じました。

 

今は3歳なので子供達にとっては何も問題がないかもですが、

もう少し大きくなっていろいろなことがわかってきたら、

 

「わたしもおっきいいちごが食べたい!」
娘

 

 

なんていわれるんじゃないかとおもい、ビクビクしてます…。

願わくば、その頃には生活が安定していますように…(;_;)

 

ということで、楽しいながらも切ないバス遠足となりました。

バス遠足終了後に1番貧富の差を感じた瞬間

とはいえ、子供が友達と遊んでいる姿を見ることができたり、

ほかのお母さんたちと会話をすることができたり…

なんか、「ありがたいな」とも思っています。

 

しかし、やっぱり1番貧富の差を感じるのは…

 

「この人達、これからみんな一軒家に帰るんだろうな…」

 

 

ということでした。

(子供のクラスの中ではアパートは我が家だけです)

 

大きい車で大きい家に帰って、お弁当に入りきらずに余ったフルーツとか食べるのかな…

 

 

なんて考えながら、娘とアパートに帰ってお昼寝しました(笑)

 

今回の親子レクによって、

周りの親子との貧富の差は感じてしまったものの…

 

来年こそは「普通」になってやる!という気合が入りました。

なんだかんだ、借金生活の気晴らしにもなった親子遠足でした^^

コメント