配偶者控除の103万の壁が消える…夫の年収制限新設で増税!?新たな106万の壁ってなに?

ブログへお越しいただきありがとうございます。
「借金返済をブログで主婦が晒す日記」を書いている、草村朱音(くさむらあかね)です。

私が返済を進めるにあたりオススメの方法

①自分の借金はどのくらい減るの?
私はこれをやってみたら多く払っていた利息が減りました!
借金減額シミュレーター


② もう毎月の返済は無理だよ。。。
私が最終的にお願いした会社さんです
プロにお任せした債務整理


③ちょっとした豆知識
色々考えた時に出会ったサイトです!
生活保護の取得方法


3つはとても参考になりました。


気軽に相談しても嫌な顔をせずに対応頂けました。
相談は無料ですし、
まずは現状を整理することから始めてみてみましょう。

こんにちは!草村朱音です!
今日はちょっと気になるニュースを見つけました!パート主婦にはとても重要な「103万の壁」。わたしもいつも気になってました。我が家では夫が仕事を辞めたいと言っている今、いずれ扶養から外れてしまうかもしれませんが…orz

605532

借金の減額診断

月々の支払いがいくら減るのか無料で診断
たった4つの質問で解決!

1.過払い金無料診断可能!
2.家族に内緒で相談可能!
3.司法書士事務所が行い安心診断

法律のプロフェッショナルたちと専門チーム結成

1.金融業者からの督促が止まる
2.借金が減って返済が楽になる
3.今後の利息を無くす事ができる
4.借金の支払いが一本化される

債務整理に関する相談は完全無料

借金問題に強い司法書士が解決に導く

1.借金返済の目処が立たない
2.家族や職場に内緒で解決したい
3.債務整理したくても先立つ費用がない
4.消費者金融や銀行の取り立てに困っている
5.何年も返済しているが、一向に元金が減らない

借金問題解決できます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

配偶者控除の制度が変わるらしいので計算苦手だけど調べてみた

500750

<配偶者控除>夫の年収制限新設へ 増税世帯反発も

政府・与党が配偶者控除の年収上限を130万円か150万円に引き上げる方向で調整に入った。「女性の就労拡大」を掲げるが、引き上げた上限が新たな「壁」となる恐れもある。税収減を防ぐため、夫の年収がそれぞれ1320万円、1120万円を超える場合は配偶者控除が受けられなくなるしくみで、増税となる世帯の反発も予想される。

引用:Yahoo!ニュース

我が家は↑の上の画像のようにキャピキャピした夫婦ではないですが…

改めて、こんにちは!草村朱音です。

今日、この配偶者控除のニュースを読んだんですが、イマイチ意味がわかりません。

「103万の壁」で働き方を制限しているパート主婦が、

もっと働けるようになる…ということ?

でも、これフルタイムで頑張っている主婦にはあまり関係ないのかな。

と、こういうニュースを読んでもそれがどういうことなのかいつもよくわかりませんw

で、全然意味がわからないので、このニュースについているみんなのコメントを読んだら、

どういう問題があるのか、どういうことなのか見えてくるかもしれないと思いました。

本当、理解能力がないって苦労しますね…(>_<)

夫の年収制限新設の配偶者控除への反応を見て思ったこと

このニュースに寄せられたコメントの意見を見てみました!

  • 高収入だけど子ども手当ももらえないし税金もたくさん払ってる
  • 議員・公務員の給料を削減したほうが税金が集まるのに
  • 働けば働くほど損するようにできてる
  • 収入に見合った生活がしたい・税金のために働いているわけじゃない
  • それより社会保険免除をやめるほうが働くと思う
  • 大事なのはどう税金を集めるかではなく無駄遣いをどう減らすか

などなど…

なんというか、この新設されるという夫の年収制限の年収金額がいくらかというと

なんと1320万円や1120万円以下…とのことでした。雲の上すぎる~…。

今まで高収入の場合は「子ども手当がもらえない」など、何も知らなかったので

「稼ぎがいっぱいあったら税金払っても痛くないのでは…?」

と思ってたんですが、

  • 働けば働くほど損するようにできてる
  • 収入に見合った生活がしたい・税金のために働いているわけじゃない
  • 高収入だけど子ども手当ももらえないし税金もたくさん払ってる

 

などのコメントを見て、たしかに頑張ってお仕事しているから高収入なのに、

子ども手当がもらえなかったり税金で大金を持っていかれるなんて不公平だな…

って思いました。

 

「頑張ってる人間が、頑張ら(れ)ない人間の食い物にされる国」って書いてあったけど、

世帯年収300万程度でしかも借金が500万円ある我が家ですが、それでもそう思いますw

 

むしろ、我が家が貧乏で借金があるのは、頑張りが足りないからなのかな~と思いました。

 

今度は新たな106万の壁ができているらしい

 

で、今度は103万の壁が廃止されて106万の壁っていうのができるみたいなんですが、

2016年10月から………って、もうすでに始まっているんですね!!もう知ってました?

 

  • 週20時間以上労働
  • 年収106万円以上
  • 勤務期間1年以上
  • 501人以上の従業員のいる企業
  • 学生以外

 

この全ての条件に当てはまっている場合は夫の扶養から外れて、

社会保険に加入することになるみたいです…でも、501人以上の従業員のいる企業とか、

私の住んでいる地域では数える程度しかないのであまり対象者はいなそうです。

 

そしてわたしも対象にはならないとは思うのですが、こういうニュースを見てすぐに

「あぁっ、そういうことなのね~」って理解できるようになれば

なんかもっと知識や思考が増えるのになぁ…としみじみ思いました。

 

今回のニュースはタイトルに「増税」って書いてたんで、

我が家はどうなることやらと思ったんですが、

貧乏世帯にはありがたい話…ということでいいのかな…??

 

なんだか世間の仕組みって難しいですね…。

 

というか今、我が家はこんな状態

(詳細:悲しいけどうち、旦那が鬱病なりかけでも借金500万なのよね)なので、

あとどのくらい夫の扶養に入っていられるんだろう…(>_<)

 

【こんなことも書いてます】

 

コメント