債務整理で銀行口座が凍結する理由・影響とその対策方法まとめ

債務整理 銀行口座 凍結

 

草村朱音です。

昨日の夜、とても怖い夢を見て飛び起きたんです…。

見知らぬ怪しい男性が家に侵入してこようとする夢で、
110番しようとしてもできない…というところで目が覚めました。

夢なので本当に怖くて、夢占いで「不審者」と検索してみたら、
どれが自分に当てはまるのかわからずやめましたが、
怖くて怖くて体が凍りつきました…。夢で良かった。

借金 辛い

 

で、債務整理にもそんな風に心が凍りつく事があるみたいなんです。

それは、債務整理による銀行口座の凍結。

 

やっぱり借金を何とかするためには犠牲になるものもあるんですね…。

 

ということで、債務整理によって銀行口座が凍結してしまう理由や、
債務整理後に困らないよう、債務整理による銀行口座凍結になる前に、
やっておくべき対策方法を考えてみることにしました!

 

■債務整理による銀行口座凍結の関連記事

スポンサードリンク

債務整理で銀行口座が凍結する理由は?

まずは、債務整理で銀行口座が凍結するケースはどんな時なのか、
について調べてまとめてみました。


債務整理で銀行の口座が止まってしまう理由としては、


  • 1.銀行からの融資や銀行系のカードでの借入を債務整理する場合
  • 2.債務整理中の本人が死亡してしまった場合
  • 3.債務整理中に不正に口座を譲渡してしまった場合

 


などという理由があるのだそうです。
債務整理による口座凍結は、主に1の理由になります。

2と3は債務整理と直接関係がある理由ではないのですが、
債務整理中の銀行口座凍結の理由としてなら可能性はあります。

 

銀行からの融資・銀行系カードの借入がある場合

銀行から借り入れている分を債務整理しようとすると、
銀行は少しでもお金を回収しようと、口座の凍結をします。
口座に残っている預貯金などは、借り入れの残高と相殺されます。

債務整理の種類によっては、債務整理をしたとしても
銀行の口座は凍結されない場合もあるみたいです。

 

例えば、任意整理で口座を作っている銀行からの借り入れは、
その銀行の借金を債務整理の対象外にすると、口座は凍結しないらしいです。

ただし、「銀行の保証会社=債務整理をする消費者金融」だった場合、
預金口座が凍結されたり、借金残高と預金を相殺される可能性もあります。

 

ちなみに、我が家の場合は銀行からの借り入れも多いので、
個人再生か自己破産を検討しているので、
銀行口座が凍結される可能性はかなり高いです…(>_<)

 

債務整理中の本人が死亡してしまった場合

普段でも、家族の誰かが亡くなった時はその人の口座が凍結されます。

なので、例えば我が家の場合夫とわたしの2人で債務整理をしたとして、
どちらかが亡くなってしまった場合は、亡くなった方の口座が凍結されますので、
銀行口座が凍結した場合の影響も知っておかなくてはいけませんね。

とはいえ、もしも万が一この状況で夫が亡くなってしまったら
正直借金生活よりも耐えられません…orz

 

債務整理中に不正に口座を譲渡してしまった場合

これはうちの場合は該当しないのですが、
ヤミ金から借入をしていて支払いが苦しくなってしまった場合、
口座を騙し取られて、振り込め詐欺などに利用された…という話があります。

その場合は「振り込め詐欺に加担した」とみなされて、
銀行口座が凍結してしまう…という事があるみたいです。
この場合、口座凍結を解除するのは難しいかもしれないそうです。

 

債務整理で銀行口座が凍結して生活に影響が出るのはどんなこと?

次に、銀行口座が凍結するとどういうことになるのかを考えてみました。
銀行の預金口座が凍結してしまうとしたら、お給料の引き出しや、
月々の光熱費などの支払いができなくなってしまいます。

 

我が家の場合、銀行口座が凍結してしまった場合に影響が出る部分は、

  • お給料が引き出せない
  • 子ども手当も引き出せない
  • 電気代・水道代・ガス代が引き落とされない
  • 娘の保育料が引き落とされない
  • 保険料が引き落とされない
  • 家賃が引き落とされない
…というところに影響を受けると考えられます。

もしこうなると、借金がなくなっても普通の生活に支障をきたしてしまいます。

 

口座の凍結が解除されるまでお給料も引き出せないし、
毎月支払っている家賃や光熱費などの生活費も引き落とされなくなるって、
手持ちのお金がない我が家にとっては致命傷です…。

 

たしかに、銀行側からしたら貸したものはちゃんと回収したいでしょうが
こちらから考えると、お金がなくて債務整理をしようってときに

 

貯金も手持ちのお金もない…給料も下ろせない!!
光熱費も払えずに電気やガス、水道が止まってしまった…!!
借金 やばい

 

 

なんてことになってしまったら、自業自得の借金とはいえ、
子供のご飯や保育料も用意できないので正直かなり困ってしまいます。

ということで、債務整理で口座が凍結してしまう可能性がある場合は、
債務整理をする前に対策をしておかないと大変なことになりそうです(>_<)

 

スポンサードリンク

債務整理で銀行口座が凍結する前の対策方法

債務整理中に銀行口座が凍結してしまう場合の理由である、

  • 銀行からの融資や銀行系のカードでの借入を債務整理する場合
  • 債務整理中の本人が死亡してしまった場合
  • 債務整理中に不正に口座を譲渡してしまった場合

ということについて、対策方法を考えてみました!!

 

まず、銀行からの融資や銀行系のカードでの借入を債務整理する場合に、
銀行口座が凍結されても困らないための方法はこちら。

  • 債務整理を始める前に銀行の口座を0円にしておく
  • 職場に給料の振込先の変更を申し出る
  • 公共料金や保険料などの引き落とし先を変える

債務整理をすることは前もってわかっているので、
銀行側に「債務整理をします」と言う前に対策しておくことで
光熱費などの支払いやお給料の受け取りも、問題なくできるようになります。

 

職場へ給料の振込先を変えてもらう…というのは、
理由を聞かれるのが怖いのでちょっと気が重いことではありますので、

 

「毎月の引き落としを同じ口座で1つにまとめたいんです」
「支払いの口座と収入の口座をわけて使いたいんです」
借金ブログ

 

などの言い訳を考えてから、職場へお願いしに行ったほうがよさそうです。

 

また、光熱費などはコンビニ支払いという支払い方法もあるので、

そっちのほうがいいかなぁ…と考えています。

 

債務整理で銀行口座が凍結する理由・影響とその対策方法まとめ

債務整理で銀行の口座が凍結する前の対策を取るために、
重要になるのが「口座が凍結してしまうというタイミング」なんですが、
弁護士さんが送る「受任通知」が関係しているみたいです。

詳しくはこちらを参考にしてみてください。

 

債務整理で銀行の口座がストップするなんて思ってもいなかったので、
早めに知っておいてよかったなと思います…。

 

スポンサードリンク

↓関連記事はこちら

債務整理受任通知って何?どんな効果・効力があるの?

 

スポンサードリンク

【借金を誰にも話せない人におすすめの記事】
※草村朱音が借金問題解決に近付きはじめる分岐点になったお話もどうぞです↓

→借金無料相談後の電話を「怖い」「怪しい」と思って出なかった話

借金の悩みを解決するための関連記事

草村朱音が任意整理をした弁護士法人アドバンス
  • 弁護士法人アドバンス東京事務所
    〒102-0093 東京都千代田区平河町 2-16-9 平河町KD ビル 8 階
    TEL 03-6268-9517
  • 弁護士法人アドバンス埼玉 長谷川法律事務所
    〒332-0012 埼玉県川口市本町 4-13-3 デュオプラザ川口壱番館 203-3
    TEL 048-420-9634
  • 弁護士法人アドバンス福岡事務所
    〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神 1-11-17 福岡ビル 7 階
    TEL 092-791-9210

↓債務整理のご相談はこちらへどうぞです

 
借金500万(元金で!)を抱える私は

借金 困るどんな人?自己紹介はこちらです

私、草村朱音が何歳でどんな家族構成で収入はいくらなのか?など、赤裸々な 私の自己紹介はこちら

借金 辛い何でそんなに借金があるの?

我が家が現時点で元金500万という大きな借金を抱えてしまう事になった 借金の理由と経緯はこちら

575457一体今、実際いくら借金があるの?

このブログを始めるにあたり改めて借金の総額を調べなおしてみた所衝撃の事実がその 借金の内訳詳細はこちら
にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ

コメントを残す

草村朱音が任意整理をした理由

「家族3人で焼肉をお腹いっぱい食べる」
とか、

「家族旅行にいく」
とか、

「子供のための蓄えも欲しい」
とか…

 

そんなささやかな夢をいつか叶えたい。

 

そんなわたしが借金を解決するための手がかりになったのは、借金の無料相談でした。

匿名で簡単に相談できますので、今借金で悩んでいる方は一度借金問題のプロに相談してみると

 

「人生、まだ終わりじゃない」

って思えるんじゃないかな…。

草村朱音
↓わたしが借金解決への一歩を踏み出せたのはこの2つの相談先でした。感謝してます。