このブログ内の記事を検索できます↓(例:「自己紹介」「任意整理」「水道代」など)

借金返済中に病気になったらどのくらいの備えが必要なの?

借金 病気

スポンサーリンク

 

こんにちは!草村朱音です。

 

先日わたしが流産してしまった時に入院したんですが、

あれ…その後生命保険からわずかに保険金がおりたんですけど、

実際にかかった金額よりも足りなかったんですよね。

 

わたしの誕生日が近いこともあり…

昨日、熱心に通ってくださっている保険屋さんが

新しい保険のプランをもって説明してくれたんです。

 

でも…

 

正直自分にあってるのかどうなのかよくわからない。

保険屋さんは、我が家に借金があることを知りませんからね…。

 

私が今入っている保険は、正直心もとなくて…

かといって、ADHDでも新たに保険に入れるのかどうかも怪しいところです。

 

でも、もしわたしが今病気をして入院してしまったら

借金返済どころか生活できなくなるけどどうしたらいいの…?

借金中に病気で入院した費用や治療費はどうすればいいの?

まず、借金中に病気をしてしまった場合の治療費や入院費について考えてみました。

 

 

借金をしているくらいなので、我が家の貯金は全然ありません。

なので、貯金から入院費や治療費を出すことは絶対に無理。

 

ということは、保険に頼るのが1番現実的です。

わたしのように、お金がない人ほど保険はしっかり入ったほうがいいんですよね…。

きついですけどね……。

 

 

だから、保険をかけられないくらいお金がない場合は

プロに相談して法的手段を取っておかないと、何かあった時にやばいです。

 

しかし…

今、私が入っている保険も、医療保険の部分をみてみると、

 

  • 「入院治療保障特約」(Ⅲ型)
  • 「先進医療保障特約」(通算して2000万円が限度)

 

しかありません。

これじゃ、保険に入っていても安心できないです。

 

私の場合、学生時代に精神科へ通っていて薬を飲んでいたこともあり、

昔から入っている保険を転換した時に条件がついてしまいました。

まだ1回しか保険使ったことないのに…(こないだの入院がはじめて)

 

入院のところに「Ⅲ型」って書いてあるのは、

病院からもらう明細に書いてある「診療報酬点数」に、

Ⅲ型→3円 Ⅱ型→2円 Ⅰ型→1円 をかけた金額をもらえることになります。

 

 

わたしがこのあいだ流産してしまって入院したとき、

2泊3日の入院で27000円くらいしか保険金がおりませんでした。

(条件がついていなければ38000円ちょいもらえてトントンだったのですが)

 

今回は2泊3日ですんだから、

入院費治療費の足りない分をちょっと足すくらいで間に合いましたが

条件がついていて、病院でかかったお金の7割しかもらえないので

 

正直、

1ヶ月分の入院費とかになっていたら詰んでいたと思います。

入院しても借金の返済はしなくちゃいけないので…。

 

この他にも、洗濯したらコインランドリーのお金も必要だし、

飲み物を買うお金とかも自腹で負担することになります。

 

…辛い。

借金中に病気をした場合はどのくらいの備えが必要なの?

で、入院費や治療費がまるまる全部出ればなんとかなるのかというと…

 

そうじゃないです。

 

  • 毎月の光熱費や家賃のお金は変わらず必要
  • 家族の食費(自分で作れない分、お惣菜中心になると高くつく)
  • 入院で必要なものあれこれ(飲み物代や洗濯代など)
  • 借金返済のお金
  • 入院費や治療費

 

このお金が全部ないと、あっという間に詰んでしまうことになります。

 

 

病気で体も心もボロボロなときに、こんなダメージがあると

よくなる病気もよくならない気がしてきますよね。

スポンサーリンク

 

だから、

 

  • 夫が仕事出来ない分の補填(って…今も無職ですがw)
  • わたしが仕事出来ない分の補填(仕事柄、何もしなくても少しは入ってくるのですが)

 

このあたりの保証も多めに必要だと思います。

 

私の場合は、例えば1ヶ月入院したとしても

 

  • 毎月の光熱費や家賃、携帯代ガソリン代保育料など→17万くらい
  • 税金関係→いまのところ23000円くらい
  • 家族の食費→お惣菜を買って1日1000円だとしても1ヶ月で3万円
  • 入院で必要なものあれこれ→1日500円だとして1ヶ月で15000円、1000円なら倍
  • 借金返済のお金→任意整理約9万+カード返済14000円=約10万円以上必要
  • 入院費や治療費→∞

 

「34万円+入院費や治療費の分」

という高額なお金が必要なわけです。

 

…結構な額ですよね……。

借金中に入院してしまって収入が無くなった時の対策はどうする?

 

借金返済中に病気で入院してしまった場合、

 

働けなくて収入が減ってしまった分をどうしよう…と考えていたら、

TVからアフラックのCMが流れてきました!!

 

「あぁ~!!そういえば給与サポートとかっていつもいってるな~!」

 

と思って、

実際にアフラックのサイトでシミュレーションしてみたら

なんか気になる部分が…

給与サポート

 

「60日状態継続」…??

60日たってからじゃないともらえないの…?

 

実際に60日働けなかった分のお金はどうしたらいいんですか…??

 

 

ちなみに、企業に勤めて社会保険に入っている場合は、

「傷病手当金」の条件に該当すれば、お給料の2/3が最長1年6ヶ月もらえるみたいです。

仕事を連続して3日間休み、4日目も休むと4日目から傷病手当金の支給が開始されるそうです。

 

有給を使ったりしてお給料が発生する場合は対象外
ただ、扶養になっている妻や子供のお給料までは補填されないので注意
業務中の怪我は労災保険の対象になるので傷病手当金はもらえません

 

しかし、我が家はこれから先、どちらも国保になる予定なので(現在は任意継続中ですが)

傷病手当金も労災ももらえません…。

 

 

アフラックだけじゃなくてほかの保険でお給料のサポートがある保険は!?と思い、

損保(ライフネット生命など)の所得補償の保険もいくつかみてみたんですが、

やっぱり60日~180日過ぎてからの所得補償ばかり…。

 

それじゃあ遅すぎる…

 

となると、

医療保険の「入院見舞金」の部分を、

手厚く補償してくれる保険にしたらいいのかなという結論に達しました。

 

入院日額をいくらにするかにもよりますが、

今回保険屋さんがわたしに提案してくれた保険は、入院すると

入院日額+「入院見舞い給付金」として、入院日額×10倍の金額が降りるそうです。

 

しかも、日帰り入院から対象になるそうで、その場合は一気に

入院見舞い給付金がおりるとなると、正直「お金が余る」計算になります。

(例えば日額10000円なら、日帰りでも10万がもらえる)

 

す…すごい…

 

わたしが生保のセールスレディをしていた頃に比べたら

めちゃめちゃすごい保険が沢山出ていてびっくりしてしまいます。

 

借金返済中に病気になったらどのくらいの備えが必要なのかのまとめ

ということで、まだまだ考え中ですが、

保険での収入保障…借金がある場合にこそ必要な気がします。

 

保険屋さんがわたしに持ってきてくれた提案書も、

今入っている保険よりは絶対いいんですよね~…

 

ただ、発達障害(薬は飲んでないけど)でも入れるのかどうかも不安だし、

今入っている保険はわたしのお母さんがずっとかけてくれていた保険を

転換したものなので、大事にしたいな…という気もします。

 

 

でも、1番大切なのはやっぱり自分の子供。

わたしに何かあった場合に子供に迷惑がかかるのが1番辛いです。

 

誕生日になると保険料が上がるので(毎月数百円の違いでも10年20年になると差が大きい)

それまでにいろんな保険を見て考えようかな…と思います。

 

でも、今現在わたし一人の収入しかないので、

かなりきつい状態だからそっちもどうするか考えなきゃ…という感じで

 

正直てんてこまいですッ(;_;)

 

スポンサーリンク
草村朱音が任意整理をした弁護士法人アドバンス
  • 弁護士法人アドバンス東京事務所
    〒100-0006 東京都千代田区有楽町 2-10-1 東京交通会館10F
    TEL 03-6268-9517
  • 弁護士法人アドバンス埼玉 長谷川法律事務所
    〒332-0012 埼玉県川口市本町 4-13-3 デュオプラザ川口壱番館 203-3
    TEL 048-420-9634
  • 弁護士法人アドバンス福岡事務所
    〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神 1-11-17 福岡ビル 7 階
    TEL 092-791-9210

↓債務整理のご相談はこちらへどうぞです

 

「弁護士法人アドバンスって何?」という方はこちら↓弁護士法人アドバンス

 

いつもありがとうございます!

借金の悩みを解決するための関連記事

2 Responses to “借金返済中に病気になったらどのくらいの備えが必要なの?”

  1. その不安的中で、我が家は今に至ります…。保険にもかなり助けてもらえましたけど…結局は私が任意整理したキッカケにもなりました…。また直メールさせてもらいますね!

    • しーさん

      コメントありがとうございます!

      病気が引き金で家計が苦しくなると、
      病気で体も心も落ち込んでしまうのに、
      さらにお金の心配もしなきゃ…で大変ですよね(;_;)

      その後の報告、ぜひぜひ待ってます^^

コメントを残す

スポンサーリンク

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます(^O^)

639人の購読者に加わりましょう