月末のクレジットカードの支払いができない!どうする…?

ブログへお越しいただきありがとうございます。
「借金返済をブログで主婦が晒す日記」を書いている、草村朱音(くさむらあかね)です。

私が返済を進めるにあたりオススメの方法

①自分の借金はどのくらい減るの?
私はこれをやってみたら多く払っていた利息が減りました!
借金減額シミュレーター


② もう毎月の返済は無理だよ。。。
私が最終的にお願いした会社さんです
プロにお任せした債務整理


③ちょっとした豆知識
色々考えた時に出会ったサイトです!
生活保護の取得方法


3つはとても参考になりました。


気軽に相談しても嫌な顔をせずに対応頂けました。
相談は無料ですし、
まずは現状を整理することから始めてみてみましょう。

クレジットカード 返済できない

こんにちは!草村朱音です!

お金がなくてクレジットカードの支払いができない…となると、心配なのはそのあとどうなるのかですよね。

「家族に借金がばれてしまうんじゃないか…」
「もしかしてウシジマくんが来るんじゃ…ガクブル」

と心配している方もいるかもしれません。

わたしもクレジットカードは何度も滞納してきたので…そのときの体験談をまとめていこうとおもいます。

借金の減額診断

月々の支払いがいくら減るのか無料で診断
たった4つの質問で解決!

1.過払い金無料診断可能!
2.家族に内緒で相談可能!
3.司法書士事務所が行い安心診断

法律のプロフェッショナルたちと専門チーム結成

1.金融業者からの督促が止まる
2.借金が減って返済が楽になる
3.今後の利息を無くす事ができる
4.借金の支払いが一本化される

債務整理に関する相談は完全無料

借金問題に強い司法書士が解決に導く

1.借金返済の目処が立たない
2.家族や職場に内緒で解決したい
3.債務整理したくても先立つ費用がない
4.消費者金融や銀行の取り立てに困っている
5.何年も返済しているが、一向に元金が減らない

借金問題解決できます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クレジットカードの支払いができないとどうなるの?

まずは、クレジットカードの支払いができないとどうなるのかについて。

 

クレジットカードの支払日が過ぎてしまった場合、

大抵のカード会社ではもう一度同じ口座から後日引き落としがあったり、

郵送で払い込み用紙が送られてくる場合がほとんどです。

 

 

わたしがクレジットカードの返済日に支払いができなかったときは、

メールや電話でも支払いの督促がありました。

 

ただ、相手の会社も企業ですので丁寧に対応してくれます。ヤミ金のウシジマくんみたいな督促は心配ないといってもいいと思います。

 

 

で、返済日から遅れてでもいいなら支払える…

という日が決まっている場合(給料が振り込まれる日など)は、

あらかじめ相手に伝えておくと、

 

「あ、この人は払う意思があるんだな…」

 

と思ってもらえます。

 

しかし、問題は

  • 「延滞しても支払えない」
  • 「今後払っていけない」

 

という場合…

 

この場合は、もうすでに生活が破綻しているので、

法的手段の債務整理をすることをおすすめします。

 

債務整理をすれば、

その段階からカードの支払いをしなくてよくなります!!

 

借金の督促電話とかも、

「債務整理をして弁護士に任せています」

と言えばタイムラグはあるものの、それ以降督促がとまります。

 

ほかの方法として、おまとめローンで借り換えるという方法もありますが、うちは審査が通らなかったんですよね。でも、その後色々調べてたら、条件が悪いおまとめローンだと借金が増えるらしいので注意です。

 

↓債務整理をもっと知りたい方はこちらも読んでみてください。

 

ほんと、

 

「債務整理とかってなんか怖いし…」

 

とか思わずに、

一度債務整理がどういうものなのか勉強してみてください。

 

なぁなぁにしてると、その後本当に後悔します…(>_<)

 

 

なんでここまでいうかというと、

私たち夫婦はカードの支払いができなかった時の選択を誤ってしまい、

約550万円もの借金をかかえることになってしまったからです…。

 

クレジットカードの支払い 延滞しても払えない場合の対処法

クレジットカードの支払いもままならない状態の場合、

普通だったら借金のプロに相談したりするのが最良だと思います。

借金の相談なんて無料ですしね!

 

↓わたしが実際に使ってみておすすめする相談先はこの二つです。

 

※無料相談の体験談についてはこちらを参考にどうぞです。

 

でも、始めてクレジットカードを払えなくなった時の私たちは

 

「絶対誰にもばれたくない」

 

という思いから、

 

「新しいクレジットカードを作る」

 

という選択をしてしまいました。

 

 

現在支払いができなくなって困っている最初のクレジットカードは、

 

「手持ちのお金がちょっと足りないから今使う分だけあれば…」

 

とおもって作ったはずですよね。

 

 

でも、この時の私たちの場合は

 

「最初のクレジットカードの返済ができないから」

 

という理由でカードを作ることになっています。

 

これ、かなり危険ですよね…

収入が劇的にアップしたりしない限りは、ここから自転車操業がスタートすることになります。

 

その後、我が家の場合はそんなことをやりつづけて…

 

結局最終的に合計14枚(15枚だっけ?)総額約550万円のクレジットカードを持ち、任意整理をしても月12万~13万ほどの支払いをすることになりました。

 

 

あのとき、

 

「周囲にばれないように…」

 

と思わずに早めに任意整理をしていれば…

 

 

それか、新しくカードを作るにしてもしっかり調べてから、

 

「有名だからなんか安心」

 

という理由ではなく、

支払い方法や金利で損をしないカードを選べばよかったな…と思います。

 

新しいクレジットカードを作るときって、

「金利」とか「年利」とか書いてあるところを見ますよね。

 

でも、それだけじゃ逆に利息が多くかかるカードである可能性もあります。

 

わたしが持っていたカードの内訳を見てすごくびっくりしたのが、

 

毎月の返済の内訳が

「元金<利息」

になっていたことなんです。

 

結構有名なカード会社だったし、

借りていた額も30万~50万位だったと思います。

 

これだと、毎月返済しても全然元本が減っていかないんですよね。

このカードの場合は支払い方法に問題があったんです。

 

月々の返済は、5000円と1万円。

返済額が少ないと、一見すごく良心的に見えるんですが、

(その時のわたしは神様だとおもっていました)

 

そのぶん、利息をたくさん払っていく可能性があります。

 

その原因であるリボ払いについては前に詳しく調べていたので、

こちらの記事も参考にどうぞです。

 

 

なので、今持っているクレジットカードや、

これから新しく作ろうとしているクレジットカードがある場合は、

目先の借入できる金額や金利だけではなく、

どういう仕組みの支払い方法なのかを確認しておくことをおすすめします。

 

でないと、我が家のようになってしまうかも…ですorz

 

クレジットカードがの支払いができなくなったときのまとめ

ということで、

支払日にお金がなくて返済ができない場合の対処法は、

 

後日支払える場合

  • 「カード会社に連絡していつ払えるかを伝えておく」
  • 「郵送で払い込み用紙が来るのを待つ」

 

今後の支払いも厳しい場合

  • 「法的手段の債務整理(任意整理や自己破産、個人再生など)をする」
  • 「新しいクレジットカードを作る」
  • 「おまとめローンで借り換えをする」(あまりよくわかりません)

 

という方法があります。

 

ただ、新しいクレジットカードを作る方法や、

おまとめローンで借り換えをする…という方法ですと、

この先借金地獄に陥ってしまう可能性もぐんっとアップします。

 

なんといっても、借りられるお金が増えるんですからね…。

ほんと、体裁とか気にしてないで引き返せるときに引き返した方がいいです。

 

借金をプロに相談するなら、わたしが過去に利用した相談先がありますので、

こちらの体験談も読んでみてください。

 

 

 

ピンチの時こそ、落ち着いて対処してくださいね!!(落ち着いていなかったわたしは大変なことになったので…)

 

 

コメント